昭和初期

平成9年頃

現在

田中屋の始まりは小さな駄菓子屋。

「神門通り」と「神迎の道」その間に位置し、代々出雲大社の正門前で参拝客の方々をもてなしておりました。
昭和47年、大のそば好きであった初代が「レストラン田中屋」として開業。
平成9年、二代目がそば専門店「そば処 田中屋」としてリニューアル。
平成25年5月8日、平成の大遷宮に合わせて再度リニューアルオープンとなる。

表情を見極めて。

厳選した国産の玄そばを、湿度と気温を管理した場所でゆっくり丁寧に石臼で挽いています。
そばの表情は常に変わります。その表情を見極めながら職人が水一滴に至る水分量までをもこだわり、 慎重に手打ちすることにより、歯触りの良い、甘さと香りが豊かなそばに仕上がります。

出汁だからこそ手を抜かず。

出雲そばは、そばの実を甘皮ごと挽くため色は黒っぽく、そば本来の風味が濃く香りも豊かです。
その香りと喧嘩をしないように、うるめいわしがベースの濃厚なだしと地元の醤油を絶妙なバランスで合わせ、 お砂糖は一切使用していないそばつゆを一から作っています。そばとはもちろん、そば湯とも相性抜群です。
是非出雲ならではの食べ方でお楽しみください。

出雲そばとは。

出雲地方は全国有数のそば処の一つで、全国の他の地方にない独特のそばの食べ方の文化が受け継がれています。
よく出汁の利いたそばつゆを、割子と呼ばれる丸い漆器に盛り付けたそばに直接かける「割子そば(冷)」と、そばを茹でた湯ごと丼に盛る「釜揚げそば(温)」です。 この出雲地方にだけ伝わる食べ方は、江戸時代前半から続くといわれるほど古い文化です。 また、挽きぐるみと呼ばれるそば粉を使って打つのも特徴の一つです。そばの殻がついた玄そばを石臼で挽くので色が濃い、香りや風味が強いそば粉です。丁寧に手打ちすることで噛みしめるほどに味わいがあるそばとなります。 

割子そばとは。

「割篭(わりかご)」が語源だといわれ、使い捨ての弁当箱だったようです。それを「連(れん)」と呼ばれる趣味人たちがあれこれ意見し、何度も繰り返し使えるように漆器に変え洗いやすい丸い形にしました。さらに慶弔の席でも使えるよう朱塗りにして現在の形になったそうです。
好みの薬味とそばつゆを直接そばにかけて食べます。三段で一人前ですが、当店では一段より注文を受けております。お好きな段数注文していただけます。

釜揚げそばとは。

かけそばと違い、茹でたそばを水洗いせず茹で湯ごと丼に盛る温かいそばです。そこに割子にかけるそばつゆと同じものを直接かけて好みの味にします。そばの風味を最大に感じることができ、素朴な味わいです。昔から新そばの時期には神社の参道に稲藁造りのそば屋台が立ち並び釜揚げそばで人々をもてなしたようです。

※ギャラリーページでは大きいサイズでご覧頂けます。

私達が蕎麦を作っています。


田中 富雄

金田 達也

田中 俊樹